稲毛海岸三丁目団地 分譲団地空き家活用事業

分譲団地空き家問題への対応

高経年分譲団地においては、「建物の老朽化」、「空き家の増加」、「居住者の高齢化に伴うコミュニティの担い手不足」など、管理組合のみでは解決が困難な様々な課題が顕在化しています。これらの課題に対する一手法として、JSは管理組合や専門家との連携により、団地内の多様なニーズに応える空き家活用の事業を行い、団地の価値向上と地域コミュニティ活性化へ寄与します。

取組み方針

マンション管理業務で培った信頼のもと、管理組合と連携し、分譲団地空き家活用により団地再生に取り組みます。

JSのマンション管理業務管理組合とJSの連携による、さまざまなニーズに対応する空き家活用事業 管理組合×JS

事業開始にあたり、JS・稲毛海岸三丁目団地管理組合・NPO法人ちば地域再生リサーチの
三者で協定を締結しました。
この協定は課題やニーズの把握、空家活用案の実施、団地内外への情報発信などについて、
三者が連携、協力していくことを謳っています。

団地の改修工事のノウハウ、商品・工法の活用と新たな提案

団地の間取り・設備に精通したJSの技術を活用し、空き家の改修を行います。団地の資源を生かし(屋外環境の豊かさ/古さを活かすリノベーション/自分らしい暮らし/豊かなコミュニティ/お得な家賃等)、団地の魅力を伝えるプロモーションを行い、空き家流通を促進します。

JSの改修技術の活用団地暮らしの魅力を伝える/団地のよさを活かす

千葉海浜ニュータウン地区稲毛海岸三丁目団地における空き家活用事業

JSが空き家活用(賃貸化)事業を実施し、バリエーションを付けた改修によりさまざまなニーズに対応します。第一段は、建築家との連携により、若年層を含めた多世代に訴求するリノベーション住宅として改修しました。(H29年3月末竣工)

<団地概要> 旧公団分譲住宅

  • 所在地美浜区稲毛海岸三丁目
  • 総戸数768戸
  • 棟 数27棟
  • 建 物RC造 5階建て
  • 住 戸3DK~3LDK 47.99m2~66.00m2
  • 入 居S43

DIY対応リノベーション賃貸住宅

取組みの背景

~大都市郊外部ニュータウン地区の高経年分譲団地の空き家活用~ 持続可能社会において、社会資産である既存共同住宅ストックの活用策が求められる中、分譲マンションは、経年劣化やライフスタイルの多様化による住戸の魅力低下により、経年とともに空き家が増加。1960年代以降開発され、同時代に住宅が大量供給、同一世代が一斉入居した、大都市郊外の大規模住宅団地(ニュータウン)の旧公団分譲団地等も、課題に直面している。

分譲マンション空家生率UR建設戸数推移

Get Adobe Reader 当サイトのPDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布している
Adobe Acrobat Reader(無償)をインストールしてください。

PAGE TOP