日本総合住生活株式会社


  1. トップページ
  2. コンプライアンスについて

コンプライアンスについて

日本総合住生活株式会社におけるコンプライアンスの取組み

私たち、日本総合住生活株式会社は、独立行政法人都市再生機構のグループ企業の一員として、集合住宅の管理業務を主たる事業として行っています。

具体的には、団地内のライフラインの管理、清掃、空家住宅補修工事等の住戸内工事、24時間緊急サービス、団地内の安全点検等の事業を行っていますが、この事業を通して団地にお住まいの皆様方が快適にお暮らし頂き、皆様にとって必要・不可欠な企業であり続けることを願っています。このため、当社は、次の経営理念を定めております。

  • 私たちはお客様の信頼をたいせつにします。
  • 団地生活の安全・安心・快適をサポートします。
  • 高い技術と高品質なサービスをスピーディに提供します。
  • 地球環境にやさしい社会の実現に貢献します。

しかしながら、当社がお客様から信頼され、また社会から信用される企業であるためには、この経営理念に基づく業務実施の大前提として、法令や社会規範を遵守し(コンプライアンス)、社会の一員として誠実に振舞うことが何より重要であります。
私たちは、この認識のもと、今回コンプライアンスに関する社内体制を整備するとともに、役員・従業員一同が実践すべき行動規範を定め、これを真摯に実行してまいります。

コンプライアンス推進体制の整備

当社では、平成17年4月1日に制定した「コンプライアンス基本方針」に基づいて、コンプライアンスの推進に関する事項を審議する機関として、社長を委員長とするCSR活動推進委員会等を設置するとともに、コンプライアンス推進の責任体制として、コンプライアンス統括責任者等を設置しているほか、コンプライアンスの取組みを円滑に進めるために法務室を設置しております。

また、当社の役員・従業員一同がコンプライアンスに関する事項を直接相談できる窓口として、「コンプライアンス通報・相談窓口」を設置しております。この通報・相談窓口では、プライバシー保護や相談による不利益な取扱いを受けることのないよう相談者の保護を徹底しております。

コンプライアンス行動規範の策定

当社では、役員・従業員一同がコンプライアンスの実践に当たり、取るべき行動の規範(コンプライアンス行動規範)を策定しております。

平成2761

日本総合住生活株式会社

代表取締役社長 廣兼 周一


コンプライアンス

日本総合住生活株式会社
東京都千代田区神田錦町1-9
電話[代表] (03)-3294-3381

page top