JS日本総合住生活株式会社

2017.4.14

「ミャンマー住宅政策」の皆様がスクエアJSを視察 【本社】


本社設計計画部滝川部長による講義

平成29年4月14日(金)、JICA国別研修(ミャンマー住宅政策)の17名の皆様が、日本における住宅開発・住宅政策などの研修を受講し、ミャンマーでの住宅政策などの参考とするため、スクエアJSを視察に来られました。これは、UR都市機構がJICA研修を受託し、建設部門の研修として実施されました。

開発品に興味津々

研修内容は、午前中に滝川部長から「日本総合住生活の業務紹介」等の講義を行い、午後に開発商品等の見学を行いました。見たことのない開発商品の数々に驚きを隠せない様子で、説明をしている間にもなんのために必要なのか、どのように使うのかなど質疑が多く寄せられました。また、最後の質疑応答の時間では、「JSの修繕業務に携わる従業員数は何人くらいいるのか」「空家工事の件数はどのくらいあるのか」などの質問や「修繕に関わる技術力・開発力が素晴らしい」「JSで開発された工具をぜひミャンマーで使用したい」などの感想も聞かれました。

それぞれの国によって文化は違いますが、抱えている問題は同じであるということが改めて分かりました。このように様々な国がJSを視察することは、高い技術力を示すことができるチャンスでもありますので、今後も積極的に受け入れ、JSをアピールしていきたいと思います。

カテゴリー:2017年4月