JS日本総合住生活株式会社

2019.5.10

セブン-イレブンJS森之宮団地店がオープン! 【大阪支社】


店舗外観

株式会社セブン‐イレブン・ジャパン(以下、セブン‐イレブンという。)と当社は、令和元年5月10日(金)に、「セブン‐イレブンJS森之宮団地店」を開店しました。本店舗の出店は、平成28年7月に、セブン‐イレブンとUR都市機構(以下、URという。)様との間で締結した連携協定に基づき、団地の利便性向上と活性化推進を目的とした取組みであり、同取組みの本実施第1号となります。

少子高齢化や世帯当たり人員の減少等大きな社会構造の変化の中、人々のくらしや住環境、地域の生活環境も絶えず変わっています。団地をはじめとする集合住宅においても、そうした変化の中でより暮らしやすさが求められており、生活サービスの拠点が必要となっています。

セブン‐イレブンは、「近くて便利」なお店として、地域との信頼関係を築き、価値ある商品やサービスの提供を通じた、お客様の「生活サービスの拠点」となるお店づくりを推進しております。

当社は、全国のUR賃貸住宅や分譲マンション等の集合住宅において、お住まいのお客様が、安全・安心・快適な住生活をおくっていただけるよう、ハードとソフトの両面から総合的な管理業務を実施しております。

両社の業務提携により、双方が有するノウハウを共有・活用することで、これまで以上に団地にお住まいのお客様に寄り添った生活支援サービスの提供や、コミュニティ形成支援等が行えるようになります。

両社は今後も、団地の利便性向上と活性化に向け、取組みを強化してまいります。

カテゴリー:2019年5月