日本総合住生活株式会社


  1. トップページ
  2. 分譲マンションにお住まいのお客様へ
  3. 火災保険について

火災保険について/火災保険に加入していますか?もちろん?個人賠償責任保険は?家財の補償は十分ですか?

専有部分と共用部分

分譲マンションの火災保険で分かりにくいのが、共用部分と専有部分(居住部分)に分かれているところです。一般に共用部分についてはマンション管理組合が「火災保険」「地震保険」「施設管理所有者賠償責任保険」に加入しており、個人の方は、専有部分の補償に備えればよいことになります。
UR都市機構(旧公団)が分譲したマンションの場合、「都市再生機構特約火災保険」の関係で管理組合では共用部分の「火災保険」に加入していない場合があります。加入状況の有無は、お住いの管理組合にご確認ください。

家財の補償は

マンション区分所有者が加入する火災保険には、大きく「建物」「家財のみ」「建物+家財」を対象とした加入形態があります。
「家財」にも保険をかけておくと、万一、上階からの水漏れの被害にあい、高価な家具がダメになったが、補償してもらえない、係争に時間がかかる、などの場合、家財の保険で補償されます。

万一に備える個人賠償責任保険

マンションで起こるもっとも多いリスクは、階下への水漏れ事故です。
一般の火災保険では、階下の被害者などへの補償は含みません。他人にケガ等をさせたり、他人のモノを壊したりした場合の、法律上の賠償費用を補償する「個人賠償責任保険」は、火災保険の特約として追加することができます。

地震による災害補償

火災保険では、地震・噴火またはこれらによる津波(以下「地震等」といいます。)を原因とする火災・損壊・埋没・流失による損害については、補償の対象となりません。(地震火災費用保険金をお支払する場合があります。)地震等による損害については、火災保険とあわせて地震保険をご契約いただくことが必要となります。(地震保険だけではご契約できません。)

JSが取り扱う個人向け火災保険については

※このページは、各保険の概要についてご紹介したものです。取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」をよくご確認ください。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。



日本総合住生活株式会社
東京都千代田区神田錦町1-9
電話[代表] (03)-3294-3381

page top