日本総合住生活株式会社


  1. トップページ
  2. 快適生活のお役立ち情報
  3. 防犯のひと工夫

防犯のひと工夫/日ごろの備えやちょっとした工夫で暮らしをクオリティアップ。

『空き巣』の被害は年々増え続け、場合によっては、人命にかかわるような強盗事件に発生する場合も考えられます。
集合住宅においては、ちょっとした工夫と心がけでこの『安全への侵入者=空き巣』を防げます。

ちょっとした気配り防犯

ゴミ出し時の錠を忘れずに

「ちょっとなら平気」これが一番いけない事です。ゴミ出しや、郵便物の確認などでほんの少し留守をする際にも必ず錠を締めましょう。「空き巣は心の隙間」を狙います。

旅行等、長期の留守は「空き巣被害に注意」

旅行などで長期期間留守にする場合には新聞・郵便物など定期に配達されるものを一時止めることで「空き巣」に留守を知らせずにすみます。ポストに溜まった新聞や、郵便物は空き巣にとっては青信号になります。

ご近所や地域など周囲にお住まいの方々とのつながりが大事

ご近所や地域とつながりを持つことは防犯に効果的です。特にご近所に一人暮らしのご高齢の方が住んでいる場合は気にかけるようにお願いします。錠のかけ忘れは、「窓よーし」というように声を出して指差し確認をすると妨げます。

心強い防犯グッズ

ワンドア・ツーロックで空き巣に諦めさせる

ワンドア・ツーロックのイメージイラスト
一つのドアにはできるだけ補助錠を取り付け、複数の錠をかけましょう。空き巣は浸入に5分以上かかると、70%が諦めるといわれます。複数の錠があれば開けるのに時間がかかり、防犯効果も高くなります。

バールで開けられないガードプレート

ドアとドア枠の隙間にバールを差込みドアをこじ開ける空き巣がいます。こんな空き巣に狙われないようにドアとドアの間の隙間をふさぐ板を入れるのも対策になります。

外から回されないサムターンガード

サムターンガードのイメージイラスト
ドアの内側(家の中から)の錠のつまみをサムターンといいます。ドアの外のすき間からこれを回して浸入する空き巣が増えています。サムターンガードでつまみをガードし、外から回せないようにします。

防犯センサーで警報を

ドアが開くと大音量で侵入者を驚かせるとともに、ご近所への通知になる防犯ブザーは効果的です。常に安全を守るために電池の残量の確認やテストを忘れずに。
注意:窓枠により取り付けタイプがあります。事前にご確認ください。

バルコニーからの浸入にも補助錠を

通常設置してある錠(クレセント錠)にさらに窓枠の上下に補助錠を取り付けると効果的です。

わずかな振動も見逃さない振動センサー

窓ガラスの振動をセンサーがキャッチして大きな警報を鳴らします。センサーはガラスの内側に両面テープなどで貼り付けます。

窓を割っても侵入する乱暴者をシャットアウト ~防犯フィルム~

ガラスに防犯フィルムを貼ることでガラスを割れにくくします。破壊する際にも大きな音がでますので侵入を事前に察知できます。



日本総合住生活株式会社
東京都千代田区神田錦町1-9
電話[代表] (03)-3294-3381

page top