日本総合住生活株式会社


  1. トップページ
  2. 快適生活のお役立ち情報
  3. 防災のひと工夫

防災のひと工夫/日ごろの備えやちょっとした工夫で暮らしをクオリティアップ。

いつ襲ってくるかわからない巨大地震。日頃から備えていると、突然の災害にも慌てずに行動することができます。準備や工夫をしておくことが安心につながります。

地震の際にケガから守る防災グッズ

L字金具で家具の転倒を防ぐ

L字金具使用のイメージイラスト

建物が丈夫でも、家具などの転倒によりケガをすることがあります。付鴨居を強化したり、横木を取り付け、L字金具で家具と壁を固定することで補強がはかれます。

【UR賃貸住宅にお住まいのお客様へ】
付鴨居や、横木の取り付けは、模様替えのひとつですのでURの管理サービス事務所や、住まいセンターへお問合せください。

支え棒・つっぱり棒で転倒を防ぐ

支え棒(突っ張り棒)使用のイメージイラスト
コンクリート造の集合住宅では、天井の強度があるため家具と天井をつなぐ支え棒・つっぱり棒も有効です。

転倒防止安定板で転倒を防ぐ

転倒防止安定板使用のイメージイラスト
くさび型の器具を家具の下(前面)に入れることで前に倒れにくくなり、転倒防止対策の一つです。

2段重ねの家具は金具で固定

平金具使用のイメージイラスト
2段重ねの家具はその途中で転倒する可能性があります。平金具で上下をつなぐことで転倒防止対策の一つです。

地震の際にケガから守る防災対策

食器の飛び出しに気をつける

食器棚が倒れなくても中の食器が飛び出して思わぬケガをすることがあります。開き扉の場合は、取っての部分をフックなどの金具で留めます。また食器(お皿など)の下にはすべり止めのタオルを敷くと、飛び出し防止に効果的です。

テレビや冷蔵庫などの重いものの対策

テレビは、家具の上などの高いところには置かないようにしてください。粘着性のある耐震用接着マットなどで台と固定しておくと安全性が高まります。冷蔵庫は移動用タイヤをロックすることで冷蔵庫が動いて避難するときの通路をふさぐことがないようにします。

怖いガラスの攻撃に飛散防止フィルムを

照明器具や、額縁などのガラスが飛散するととても危険です。飛散防止のフィルムを貼ることで予防になります。また窓ガラスはカーテンを引くことで室内への飛散を防げます。

常備灯で不安を防ぐ

夜間の災害では、停電することが考えられます。おちついて対応や避難ができるように常備灯を用意してください。また、蛍光シール(光るシール・テープ)等を電気のスイッチや出入り口に貼っておくと避難経路がわかります。



日本総合住生活株式会社
東京都千代田区神田錦町1-9
電話[代表] (03)-3294-3381

page top